辛く孤独な時期を耐え、波動探究で得た大きなこと

辛くて孤独な波動探究家(自称)としての日々

reriotyこと私はひとりになれる時間を1日の中で必ず作り、『波動とは何か?』ということを瞑想や内観を通じて探究と追究をしてます。

中には私のことを「波動オタク」とか「ただの暇人」と呼ぶ人もいるでしょうね、笑。

なぜここまで『波動』というものに情熱を注げるか?というと、「波動という言葉は聞いたことはあるけど、それが何かよくわからない」という方がまだまだ多くいるからです。

それに加えて、好奇心と向上心がひと様より勝ってるからだと思ってます。
ただその探究心が強すぎて、家族団らんの時間が減ったり、友だちとの付き合いが減ってるのも事実なんですが、「この人は(コイツは)そうするために生まれてきたのかもな」と半ば諦め的な目で見守ってくれてることに感謝してます。

波動の探究を始めた当初は、特に家族からは冷ややかな目で見られてました。家族みんなで出かけるときなども、最初は声がかかってたんですけど、次第に声もかからなくなったりと……。

家族の輪に戻るべきか?
このまま引導を渡されても波動の探究をするべきか?
辛く孤独な時期もあり、ほんと悩みました。
よく耐えられたと自分でも思ってます。

今でこそ奥さんや娘たちも「ちょっと波動リーディングで視て欲しいことがあるねんけど、ナンボ?笑」と言ってくれるようになるまで理解してくれてるので嬉しいかぎりです。
既定の金額ではありませんけど、プロとして家族からもリーディング料などは貰ってます。
それらのお金がある程度、貯まった時点で欲しいものがあればプレゼントするように心がけてます。

何かしらの気づきがある日々

瞑想や内観で自分自身と向き合ってると何かしらの気づきはあるものですよね?

それと同じで波動の探究をしていても小さな小さな気づきが日々あります。
ほんと極めて小さな気づきで(発見で)、気を緩めると見逃してしまうぐらい些細なことですけど、必ず何かに気づかされます。

『これは新たな発見かな?』ということが見つかると、今度はその『?』をひたすら掘り下げていくんですけど、『なんや…発見でもなんでもなく、すでに本になってるやん』ってことから、『これはブログの記事にできる!』という手応えのある答えに行き着くこともあります。

どうすれば伝わりやすく記事に書けるか?
ただ書くだけでは伝わらないのではないか?
という悩みや、すべて書いてしまうと面白みが半減する気がするので、『行間を読んでください』といった書き方をすることもあります。

たまに大きな収穫があります。
もちろん異論も反論もあると思ってますけど、今回はあえて記事にします。

日々の探究で気づいた大きなこと(持論も含む)

私が最近、探究してるテーマは波動から少し逸れて『潜在能力と潜在意識とは何か?』ということにシフトしてたんですが、そこで大きな気づきがあったんです。

もちろん、信じるか信じないかは記事を読まれた方にお任せします。
決して押し売りみたいな真似はしません。
押し売りしなくても理解してくれる人は、理解(もしくは、理解しようと努力)してくれますからね。

 

波動が上昇するにつれ人は神に近い存在になっていきます。
釈迦やキリストのような神格化された神ではなく、自分自身の中に存在する本当の神のことです。
違う言い方をすれば、本来のヒトに近づくとも言えます。

私はそれを『神化』と呼んでます。

そして、潜在能力が開花(覚醒)しだすと、波動が上昇して神化するときと同じ現象が起きるんです。

まだまだ探究の余地はありますけど、『波動の上昇による神化と、潜在能力の開花による神化は同じタイプの神化だ』ということに気づきました。
その証拠と言えるかどうかは今のところ明言はできませんが、『どちらの神化も行き着くところが同じだから』とでも言っておきます。
行き着くところが同じとは、私たちが肉体を手放したときタイプの似た意識体に還り、タイプの似た転生をするという意味と捉えていただければ幸いです。

神化すると人はどうなる?

まず最初に書いておきたいことは、人は転生する際に99.9%以上の記憶が消え、ほぼ何も覚えていない真っさらな状態でこの世に生まれてきます。

しかし、波動の上昇でも潜在能力の開花でも、神化が進んだ人の魂はその神化の度合いにもよりますが、記憶が残されるということです。
したがって、来世で生まれたい年代(西暦などの年代のこと)、国や地域、性別、今世で交わした約束など、自由に選べるようになります。

それだけでもラッキーと思いませんか?

これも異論も反論もあるでしょうね。
それか「コイツ、ついにイッちゃたか、笑」というぐらいでしょうか。

詳しいことが知りたい方や、向上心、好奇心が強い方は遠慮なく質問してください。
わかる範囲ではございますが、丁寧に説明させていただきます。

最後のまとめ

おそらくこの探究こそが私の使命だったと思ってます。
別にキラキラ記事を書いてるつもりもありませんし、注目されたいがために書いてる記事でもありません。

今の時点では、私にとってこれが答えであり真実なんです。

今日の記事と近い内容の過去記事がありましたので、興味のある方は下のリンクカードからご覧ください。

『潜在能力』と『波動』には密接な関係がある

2018.10.15

 

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。
rerioty