夢を叶えるために発信することが大事というけど、本当にそれだけでいいのか?

夢を叶えるために、欲しいものを手に入れるために。
「自分の夢は多くの人に言いなさい」「欲しいものリストを書きなさい」ってネットでも多くヒットしますし、それ関係の本も多く売られてます。

しかし、「夢は叶わない」「欲しいものが手に入らない」という人が多くいます。
『その原因はどこにあるのか?』私の意見を交え記事にします。

言うだけ、書くだけ、それで叶うわけがないし手に入るわけもない

「声に出せば夢が叶う」
「具体的にリスト化していけば欲しいものが手に入る」
「アファメーションを唱えるだけで引き寄せられる」
と聞くと、ネットや本に書いてあるとおりに実行する人が多くいます。

そして多くの人が「声に出したけど、叶わなかった」「リストアップしたけど、手に入らなかった」「唱えたけど、引き寄せられなかった」という結果を見ることになります。

まあ、そんな簡単に夢が叶うんだったら、こんなにも本が売れたりネットに情報が溢れることもないでしょう。

本にしてもネットの情報にしても『HowTo』系のそれらを真に受ける人はまずいないと思いますけどね、笑。

HowTo系の本は一瞬だけモチベーションが上がる

HowTo本は、いかにも簡単そうに書かれてますし、誰にでもできそうに書かれてますから、それ系の本を読むと「おっ!これいいじゃん!」って誰でも思うんです。そう思うように、そう思わせるように書かれてるので仕方ありません。

モチベーションも最高潮です。
しかし、残念ながらそのモチベーションは長続きしません。

なぜモチベーションをキープできないか?
すぐに結果が出ない。
思った結果が出ない。
やってみると思ったより辛かった。
などなど、モチベーションがキープできない理由は様々です。

HowTo系の本はその場でジャンプしてるだけ

確かにHowTo本を読むとモチベーションは上がります。

下のリンクカードで関連記事がご覧いただけます。

メンタルワークに求められる3つの要素

2018.04.20

一気に上がったモチベーションは、一気に下がるんです。
その場で一生懸命ジャンプしてるだけで、前には1歩も進まないので下がってしまうわけです。

労力と限りある時間を少し無駄にしたかもですね。

じゃあどうすればいいか?

これも先ほどのリンクカードに書いてますけど、動くしかないんです。

夢を叶えるために、どれだけのことをするか。
欲しいものを手に入れるために、どれだけの苦労ができるか。
引き寄せるために、なにをするか。

両手に抱えきれないほどの荷物を持った状態で、それ以上に何を持てるというのでしょう。
何かを新たに手に持つためには、何かを手放さないと(手離さないと)持てません。

お腹が空いてるけど、家には食べれそうなものがない。
いくら念じても目の前に炊き立てのご飯は現れてくれません。
ご飯を食べたければ、自らの足とお金を使って買いに行かないとご飯は食べれません。

自らが動き、何か大切なものを手放さないと夢も叶わないし手にも入らないし引き寄せることも不可能ですね。
※この場合の大切なものとは、お金だったり労力だったり時間ということです。

高くジャンプすることは成長ではない

先ほど一気に上がったモチベーションはその場でジャンプしてるのと同じと書きました。

高くジャンプするのではなく、1ミリでもいいから前にジャンプしないと成長は望めません。
負のスパイラルに陥ってしまうと、その場でジャンプし続けることになり、疲れたわりに「あれれ?」となってしまいます。

夢を叶える、欲しいものを手に入れる、引き寄せる

夢を叶える、欲しいものを手に入れる、引き寄せる、どれも受動的な言葉ではありませんね。

○○する」という言葉は能動的ですから、『自らの手と足を使って』ということです。
時間を手放すのか、労力を手放すのか、お金を手放すのか、実際にモノを手放すのか、それは人それぞれ違います。
ここでの手放す(手離す)は=犠牲を払う、労力を払う、対価を払うということの総称。

受動的に対して、能動的。
その意味がわからない方はお手数をかけますがご自身でお調べください。

今の生活を送りながら、何も手放さずに、何かを得ようという都合のいい話しはありません。

しかし、手放すだけでは意味がない

「じゃあこれ手放すわ」という短絡的な考えは禁物です。

手放すとこは、空きスペースを作るだけでしかありません。
空いたスペースに新たに何かを入れようと思うのであれば、少なくとも努力・忍耐・根性の3つの要素が求められます。
欲を言えば、そこに決意と覚悟の2つの要素が加われば鬼に金棒です。

メンタルワークに求められる3つの要素

2018.04.20
夢を叶えるため、欲しいものを手に入れるため、大切なことですので2度目のリンクです。

最後のまとめ

夢を叶えるのも、欲しいものを手に入れるのも決して簡単ではありません。
しかし、いくら待ってても目の前にポトっと落ちてはきてくれません。

ポトっと落とす方法もありません。

 

ひとりでも多くの人の心にこの記事が響くことを願ってます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ご意見、ご感想、お問い合わせなどはこちらからお願いします。