お金や資産で「その人」の価値を決めてしまってませんか?

人の価値を「お金」でしか判断できない

「人の価値をお金(資産)で判断する」

これ、日本人にありがちなんですが、元となっているのは日本が資本主義だから故なんですよね。

バラエティ番組なんかでも「○○さんの年収は?」
『ええぇ!(ピー音が入ります)』って盛り上がるあれです。

私個人的には『アホらし』という感じです。

誰の年収が何百億あろうが私の生活には微塵も関係ありませんしね。

「○○さんと□□さんが離婚」や「〇〇大臣が不適切な発言で辞任」とか、「この春、流行の〇〇」とかも、どうでもいいです。
情報統制されたテレビ番組を観るぐらいなら寝てるほうがよっぽどマシだと思います。

お金で優劣を付ける傾向が強い人は、ご自身の視野といういか物差しというかが少し小さいのかもしれないですね。

お金より大切なモノ

みなさんは「お金」に順位を付けるとすれば、何番目ぐらいの重要度ですか?

ちなみに、私は10番目以下ぐらいです。

1番は、なんといっても『健康な心身』
2番目が、『時間』
3番目に、『家族』
4番目は、『信用、信頼』
5番目、『友だち』
ぐらいでしょうか。
友だちが5番目だから蔑ろにするとかは一切ありません。

自身の身体の調子が悪いときは、いくら友だちから誘われても断りますし、本当の友だちであれば理解してくれますからね。
『今日は深い内観するぞ!』と決めていたら、いくら誘われても『今日はメンタルワークするから、また日を改めて誘って~』と断ります。

お金では買えないモノ

最近ではほとんどのモノがお金さえ出せば買えるようになってきましたね。

時間も買えます。
寿命も買えます。
薬漬けにはなるけど健康も買えますね。

薄っぺらい関係でよければ友だちや恋人、さらには家族も買えます。

これも持論になりますけど、『お金で買えるモノに真の価値はない』と思ってます。
それより大事で、何よりも大切なモノは決してお金では手に入りません。

自分の心(魂)だけはお金では買えない

先ほども書いたように、寿命や健康はお金さえ出せば相応のモノを手にすることができる時代になってきました。
友だちや恋人、家族も然りです。

しかし、いくらお金を積んでも買えないものがあります。

それは、自分自身の心(気持ち・魂)です。

他人は欺けても、自分は欺けないのと同じ感じです。

キラキラ投稿や意識高い系(自意識高い系)で会ったこともない友だちを「友だち」と呼ぶ、SNSにハマってる一部の人たち、本当にそれで幸せなのか?自問自答してみてください。

最後のまとめ

お金では買えないモノにこそ真の価値があると思いませんか?

エネルギーワークでもメンタルワークでもヨガや禅でも、お金を払えばそれ相応のモノは手に入ります。

しかしそれらを追究するとなると、お金ではどうしようもありません。
残念ですけど。

「それ以上」「いま以上」
現状から脱却するには更なる自己先行投資が必要になります。
それを出し惜しむようであれば、その人の限界はそこまでということです。

自己先行投資は惜しまず、率先して出すことをおすすめします。
これ以上書くと、妙な期待をする人がいるので書きませんが。

下に関連記事を少しだけカードにしておきます。

人それぞれ価値観は違うけれども

2017年12月18日

生きたお金の使い方と、死んだお金の使い方。あなたはどっち?

2018年1月25日

本当に大切なモノを知るために必要なこと

2018年4月9日

  

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。
ご意見ご質問などはこちらのお問い合わせからお願いします。
rerioty